ハンドメイド子供服を売るには?

1点だけでもOK!?インターネットでの販売

ハンドメイドで作った子供服を売りたい。
丁寧に作ったからこそ、誰かにつかってもらいたい。

ハンドメイドが好きになると、そうした気持ちも強くなってきます。
作るのが好きなら余計にそう思うのかもしれません。そうしたら、たくさん作れますからね。
趣味と仕事を両立できるなんて…最高に嬉しいものです。

ハンドメイド服を販売したいと思っても、そう簡単にお店を持つことはできません。
ではどうすればいいのかというと、それはインターネットでの販売

インターネットで販売するとなると通信販売ですが…サイトも用意しなければいけませんし、それなりの商品数を用意しておかなくてはいけません。正直、そこまで力を入れられるかといえば、できるわけがありません。
いくら好きでも、機械のように大量生産することはなかなか難しいのです。

自分の都合に合わせて気楽に気長に販売したいな…となるのなら、それはやはり「ヤフーオークション」「ミンネ」といった、ハンドメイド作家として販売する方法があります。

ヤフーオークションは必要な登録をしたら、出品する商品の画像や説明を準備すればすぐに始められます。
商品が属するカテゴリに商品説明と共に登録、出品。オークション終了時までに商品が落札されていたら、落札した人と代金と商品のやり取りをします。
どれくらいの値が最終的につくかはわかりませんが、自分が作った子供服がどれだけの価値をもつのかを計る事もできます。ヤフーオークションの利用料は月額数百円。そう高い管理料というわけでもありません。

そして、ミンネはハンドメイド作家さんが集まるサイト。
それぞれが作った作品を紹介し、それが購入されたとも写真を展示しておくことが可能と、一種の自分のアトリエ気分が味わえるようなつくりになっています。しかも、購入者さんやサイトの登録者、つまりはお客さんとチャットのようにやり取りをおこなうことができるので、直接お客さんの要望を聞くこともできます。

例えば、サイズ違いの洋服を作ってもらうことができるかどうか…など。
制作者としても、生の注文が聞けることはやりがいも十分に感じられことになると思います。
しかも、サイト自体もとてもきれいなサイトですから、使い心地も最高です。

どっちもそれぞれの特徴を生かしたメリットがあります。
よりハンドメイド作家として活動したいのであれば、「ミンネ」かな…。
なによりも、お客さんと繋がりがもてるのは、作り手としてはやりがいが十分に感じられるのではないでしょうか。