ハンドメイドの著作権の注意

著作権がある生地を使った制作販売はNG

ハンドメイド子供服を販売する際には、いくら自分が作ったからと言っても、販売NG商品になってしまうものもあります。自分で作ったものであればなんでもいい…というわけではないので注意が必要です。

例えば、自分で作った品ではないものはもちろん、商用利用不可となっている生地を使った子供服です。
ちょっと挙げただけでも、MarimekkoソレイアードIKEAのファブリックなどが挙げられ、これらが不可となっているのは良く知られています。
キャラクターやデザイナー物、ブランド物のリメイク品などは、販売会社に問い合わせをして確認しなければいけません。なかにはこうした布地を使って販売し、訴えられて大変な金額を支払ったケースもあるほどですから、くれぐれも気を付けたいもの。

ハンドメイド作品というのは、一般商品とは違ってオリジナルものです。
それが長所でもあるので、特定のキャラクターをモチーフにした子供服を作って売るのはダメ。
著作権のある生地を使うのはNGと心がけておくと、トラブルになりにくいです。

細かい数字上の管理、そして確定申告を忘れずに

ハンドメイドで子供服を作るのは、時間だけでなく費用も労力をかなり使います。
初期費用も馬鹿にならないのに、媒介となるお店の使用料や手数料などで費用が掛かってしまうものとなります。また、ハンドメイド作品の販売収入はお給料と同じ扱いになるので、既定の収入額を超えてしまうと確定申告が必要となります。

確定申告の有無については、住んでいる地域の税務署などの職員に相談し、作品を作る際には材料を買った時は領収書もしくはレシートをとっておき、必要経費として計上できるようにしておくといいですね。